« 「ホカベン」 第5話 | トップページ | 「ラスト・フレンズ」 第6話 »

2008年5月15日 (木)

「7人の女弁護士」 第6話

 女性の地位の低い会社はまだまだたくさんあるよね。そして女性自ら、女性が低いと思っている場合も多い。今日の容疑者恵美(酒井美紀)の郁江(一戸奈美)への態度も、女のくせにずいぶん女をバカにしている人だなと思いました。話の大筋にはあまり関係ないんだけどさ。こういう女がいるからいつまでたっても女は低く見られるんだよね。ま、だからといって殺人の濡れ衣着せられてもいいわけではありませんけれども。
 アリバイ工作をしていたということはかなり計画的な犯行な訳で、でもはじめから会社内でやらなければ下手な工作もしなくていいのに、なんだかなーと思いました。それを言ったらこのドラマ毎回なんだかなーと思うんだけど(笑)。

|

« 「ホカベン」 第5話 | トップページ | 「ラスト・フレンズ」 第6話 »

木9(テレ朝)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142189/41221049

この記事へのトラックバック一覧です: 「7人の女弁護士」 第6話:

« 「ホカベン」 第5話 | トップページ | 「ラスト・フレンズ」 第6話 »